くせ毛web
スカルプケアでくせ毛の原因をシャットアウト
スカルプケア

くせ毛の原因のひとつにケア穴のつまりが上げられます。その毛穴のつまりを取り除くことで、くせ毛の改善を目指しましょう。
スカルプケアとは

スカルプとは頭皮のことをいい、スカルプケアとは頭皮をケアして良い状態にすることを言います。

つまり、後天的なくせ毛の原因のひとつと考えられる頭皮の汚れによるつまりを除去することによって、くせ毛を改善します。

通常、スカルプケアというと育毛の分野でよく使用されれるとおり脱毛の原因ともなり、頭皮のつまりは非常に髪にとってよくないことだと言えます。

特に、整髪剤を常用している方は注意が必要で、くせ毛の原因になりかねません。また、本来の太く健康な髪が、毛穴がつまることによって細くうねった髪になることも考えられます。
スカルプケア方法

それでは、スカルプケアの方法を紹介します。

@シャンプーの前に軽くブラッシング髪の表面の汚れを除去します。

A1回目のシャンプーは軽く頭皮になじませる程度でシャンプーします。すすぎは指の腹を使ってやさしくマッサージするように!!

B2回目のシャンプーは、1回目のシャンプーの すすぎの途中で、頭皮の数箇所にシャンプーをなじませながらシャンプーします。最後のすすぎはしっかりと!! これが重要です。

C最後にトリートメント、リンスなどを使用しますが、これらの目的は髪へのコーティングや栄養補給がメインですので、頭皮にはしみこませないように注意します。

D仕上げはヘアドライです。髪は濡れた状態が一番ダメージを受けやすいので、濡れた髪のまま寝るのはNGです。また濡れた髪で寝ると、頭皮に雑菌等が繁殖する恐れもあります!! ■関連記事■
TOPページへ
inserted by FC2 system