くせ毛web
くせ毛の構造について学びましょう!
くせ毛の構造

くせ毛を克服するには、くせ毛と髪の知識から!! ここでは、くせ毛の知識として、くせ毛の構造を紹介します。
毛髪の構造

毛髪はもともと皮膚が変化してできたものです。 ですから、皮膚に埋もれた部分を毛根と呼びます。 皮膚の上に出ている部分を毛幹(一般の人が髪の毛という部分)と呼びます。この毛幹は外側から毛小皮(キューティクル)、毛皮質、毛髄質の3層からなります。

また、この毛幹(髪の毛)は、人間の皮膚などとは違い、一度傷つくと二度と修復することはありません。この毛幹の外部は根元から毛先に向かい5〜10層ものキューティクルにて保護されています。

このキューティクルの質により、髪の毛のツヤや、手触りなどが決まってきます。
くせ毛の構造

くせ毛の構造上の問題は、前項で触れた毛根の部分に原因があるようです。 そもそもくせ毛の構造は、この毛根部分が曲がっているために起こります。 毛根が曲がっているため、髪の構造自体が歪んで生えてきます。すなわち髪の構造自体は直毛もくせ毛も基本的には同じで、出口部分の構造によって直毛とくせ毛に分かれます。

■癖毛の断面
以上のことよりくせ毛の原因である毛根のねじれは、先天的なものである場合が多いと言えるため、くせ毛の根本的な改善は現在の技術では難しいと思われます。
ヘアサイクルについて

髪の毛は一定の周期にて生まれ変わっています。これは、一生のうちで、髪の毛は一定のサイクルにて繰り返されることをいいます。 さて、生まれたての赤ちゃんに生えているうぶ毛は、しばらく経つとすっかり抜け落ちてしまいます。そして軟毛となります。軟毛は細くやわらかいため、本来くせ毛の性質を持っていた場合でも、あまり気にならない場合があります。 この軟毛にメラニンが加わり、硬毛となります。

この段階にて、本来くせ毛の性質を持った軟毛の毛が、太くなることで顕著化する可能性があるといわれます。 そしてこのサイクルが、歳をとってくると、逆に回りはじめます。硬毛から、軟毛へ、そしてうぶ毛へとサイクルが変わります。これがいわゆる、はげるといった現象です。 ■関連記事■
TOPページへ
inserted by FC2 system